ヨーグルトって本当に良いの!?

ヨーグルトは便秘によく効くといわれますが、私が試してみると、たくさん食べないと、効果がないような気がします。
毎日1パック位食べて、やっとお通じがあります。
ヨーグルト好きはいいですが、嫌な人もジャムを入れて味を変えるなどして可能な限り食べるようにするとよいでしょう。

最近、インフルエンザに罹らないようにするために効果的だといわれているものに乳酸菌があります。
大体1年くらい前に、番組で小学生に乳酸菌が多く含まれているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹る児童が大幅に減ったという番組がありました。
私の娘が受験生でしたので、それから、ずっとヨーグルトを食べさせています。

腸まで乳酸菌が届くタイプのヨーグルトが特に効果があるそうです。
毎日摂取している乳酸菌のおかげで、たいへん健康になってきました。
毎日朝起きたら欠かさず、ヨーグルトを食べるように心がけています。

ヨーグルトは工夫すれば味に変化をつけやすいですし、便秘知らずでいることができます。
乳酸菌を毎日摂るようにしてから、みるみる肌の調子も良くなってきて、ダイエットにもなりました。
オリゴ糖は乳酸菌の数を増す成分としてクローズアップされています。

実際の話、オリゴ糖を加えられた乳酸菌の活動は活発になり、おなかの悪玉菌が増えるのを抑え、腸内環境を正常な状態に近づけてくれます。
そう考えても、乳酸菌、オリゴ糖は両方とも腸の機能を良くしたり、健康を維持したりするには必須な成分であるといえます。
結構、有名ですが、乳酸菌を摂り込むと様々な効果があります。

まず、腸内にいる善玉菌の数を増やして悪玉菌の数を抑え、内臓の環境をいい環境へと変えていきます。
結果、免疫力が上がり、多くの健康効果を実感することが出来ます。
アトピー性皮膚炎の改善にも効果的だったり、感染症を予防する働きかけがあります。

乳酸菌は身体の健康を促進する働きかけが高いとされているのです。
私自身にとって乳酸菌サプリと言えば、やっぱりビオフェルミンなのです。
昔から知られていたサプリであり、便秘や下痢や腹痛の時でも、たえず私のお腹を守り続けてくれていました。

「人には人の乳酸菌」とコマーシャルで言っていますが、私にとってみれば効果がある乳酸菌サプリは、ビオフェルミンとなるのです。
子供のインフルエンザを防ぐための注射に出かけました。
注射の瞬間は怖くて凝視できないのに、子供は6歳ながら、注射の針を凝視して注射をしています。

予防接種終了後は怖かったーと表現していました。
見ているからさらに怖いんじゃないかな?と睨みましたが、あまり話せませんでした。
ここ最近の研究でインフルエンザを予防するには乳酸菌が高い効果を誇るということがはっきりとわかってきました。

インフルエンザはワクチンだけで全てを防ぎきることは出来ません。
乳酸菌を日頃からしっかり摂取することで免疫力というものが向上して、インフルエンザの予防となったり、症状を軽減する効果が高まります。
お腹が便で膨れて苦しんだ事って永い人生のうちに必ず一度はどんな方でも体験したことがあるものだと思います。

私もその一人で、最悪の場合は一週間便通が改善しないこともあります。
便秘に効果的な薬もありますが、私はアレがあまり好きではないので、便秘改善に穏やかな効果を期待できるオリゴ糖で腸内環境を整えています。
効き目が優しいのが安心ですね。

一般的な乳製品以外にも、乳酸菌を含有した食品があると知り、乳酸菌て何だろうと調べてみました。
いろいろ調べてみたら、乳酸菌は乳酸の菌ということじゃなくて、化学反応的なものによって乳酸を作り出す菌類のことになるのだそうです。
これは世間での常識ですか?30年余り生きて来て、初めて知った事実です。

スッキリ吐息の口コミって信用できるの…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です